きらめきびと

門真 好きになって

門真市立生涯学習センター長
実島 直美さん
2017年1月18日

 門真市立生涯学習センター(門真市大字北島)でセンター長を務め、市民の文化、学習活動を力強く支援する。ラジオのパーソナリティーとして門真情報を発信。ボランティア活動にも積極的で「門真をもっと知り、好きになってほしい」と“地元愛”をパワーに突き進む。

 同センターの職員として事業企画を担当し、昨年4月にセンター長に就任した。テコンドーや子ども体操などの約30の定期講座を開設し、市民サークルの登録は約200を数える。

 地元産のレンコンや市民の手作りの品を集めた「プラザde朝市」(毎月第2日曜)は、初めて本格的に企画したイベント。同センターの利用率の向上を目的に始め、今では人気事業に成長した。2月には「バレンタイン」をテーマに、門真市出身の女優・伯鞘(はさや)麗名さんをゲストに迎え、十二単(ひとえ)の着付け体験を同時開催する。

 今春オープンを目指す市立総合体育館のオープニングイベント実行委員でもある。完成を間近に控え「地元住民の一人としてとても楽しみ」と実島さん。昨夏に社会教育主事の資格を取得しており、「人と人をつなげたり、自分にできることがあればどんどん手伝いたい」と声を弾ませる。