きらめきびと

大きいサイズの男性のために

メンズファッションの通販会社「Mr.Bliss」代表
横尾 美徳さん
2018年5月21日

 「私がお会いした経営者の多くの方がなぜか、太った方が多かった。とりあえず着られる服を着れば良いやという感じだったんです」

 横尾さんは元々、広告デザイナーでウェブサイトにも詳しい。それなら、「肥満体の方にも格好いいメンズファッションを私が企画して製造してご提供しょう」と大きいサイズに特化したメンズファッションの通販会社「Mr.Bliss」(中央区備後町)を2016年3月に設立。

 資金はないので大阪府のビジネスプランコンテストや日本政策金融公庫へビジネスプランを「サングラスにジーパン、バンダナを巻いて一生懸命にプレゼンし、融資を獲得した」と笑顔をみせる。

 そして「細身の奴らが嫉妬する。大きなサイズをもっとおしゃれに。もっと素敵(すてき)」をテーマに「製造は布地と縫製がしっかりしている」北海道の一流メーカーと提携。

 シルエットとサイズにこだわったカジュアルスーツ(サイズ2L〜8L)をメーンにTシャツ、パンツなどの製造販売を始めた。社内業務はシステマチックに効率化を図り、「お客さまのために時間をおかけしたい」と顧客第一主義だ。

 購入者からは「めっちゃ、おしゃれが好きになった。これまでは着られる服を選んでいたが、今では着たい服が選べる」と好評だ。実際、大物俳優や売れっ子お笑いタレント、元プロ野球選手らのリピーター客も多い。

 「おデブちゃんはふくよかでポジティブワード。うちの服ではそのままでも格好よくなれます。来期にはショールームをつくり、さらに認知度を上げたい」と将来を見据える。

 趣味は8歳の長男と遊ぶという子煩悩なお父さんだ。