連載・特集

ステージドア 音楽堂通信


別れを告げるワルツ

 音楽や美術、ダンスや芝居は、人々が集まって暮らす地球上のあちこちで生まれ、交流し、ときには新しいものが考案され、伝えられてきた。それらは共同体の意識をつくりだし、社会の土台にもな...
2015年12月23日

民衆の劇場、みなさまのホール

 モーツァルト作曲の音楽劇「魔笛」の上演が終わった。コンサートホールであるいずみホールは幕も、装置も、オーケストラピットも、特別な照明機材もない。だからいずみホールオペラは音楽主体...
2015年12月9日

不協和な時代の調和とは

 夜、阪急梅田駅から京都行き特急に乗ると時折、不思議な体験をする。同じ駅から同時刻、神戸線や宝塚線のプラットホームの電車も出発、列車3台がしばらく並走するのだ。夜の帳(とばり)の中...
2015年12月2日

現代のパトロン 京都にあり

 企業の芸術文化支援の活性化を図る「企業メセナ協議会」の2015年度「メセナアワード」優秀賞に、京都の半導体メーカー、ローム株式会社と公益財団法人ロームミュージックファンデーション...
2015年12月16日

わたしの、今年のベスト1

 まもなく師走。批評家の方々が雑誌の特集のために「今年のベストテン・コンサート」を選ぶ時期がやってきた。わたしにとって、今年のベスト1は何だろう。
2015年11月25日

「21世紀」のハープ

 正倉院収蔵の楽器に光を当てた公演を開いたことがある。大陸伝来の楽器を復元・演奏する音楽家を招いたのだ。特に印象に残ったのは古代のハープ。「箜篌(くご)」と呼ばれるそれは、いま私た...
2015年11月18日

モーツァルト讃

 いずみホールは3年にわたってモーツァルトのシリーズを開催している。そのためこのコラムでも再三モーツァルトを取り上げてきた。それももう終盤だ。時系列に作品をお届けしてきたので、35...
2015年11月11日

「ファイトー、イッパーツ」音商標

 特許庁はこのほど、主に企業がコマーシャルなどで使う、社名・商品名などを短く伝える音楽や掛け声などを、新しいタイプの「商標」と初めて認定、発表した。昆布や豆食品製造のフジッコの「ふ...
2015年11月4日

小さな、無数の場所から、文化は生まれる

 とても不思議なパフォーマンスだった。夜のとばりが閉店後の小さなパン屋をすっぽり覆い、30人ばかりの観客が座席に落ち着くと、ことばと音楽がむくむくと発酵し始めたのである。ドイツ・ミ...
2015年10月28日