トレンド特急便

パーソナルトレーニング 身近に

ジムの「エクササイズコーチ」
2018年5月23日

AI活用、1回20分 26日に梅田店オープン

エクササイズコーチのトレーニングの様子。画面を見ながらAIが最適なマシントレーニングをリードしれくれる
5年100店の出店を掲げる椿本社長

 憧れのボディーを求めてトレーニングジムが花盛り。女性専用、特徴的なプログラム、低価格、24時間−。それぞれが特徴ある取り組みで顧客を呼び込む。大阪では1回20分という短時間で、人工知能(AI)マシン主導型の最適なトレーニングを提供する新たなモデルのジムが注目を集めている。昨夏の1号店から早くも店舗展開を進めている。

 ダイエットや健康に気遣う人は増え、ジム業界の市場規模は4千億円以上ともいわれる。その需要に応えるようにさまざまなトレーニングジムが登場。「短時間で最大限の効果を発揮する」とうたうのが「エクササイズコーチ」だ。

 同ジムは、エクササイズコーチジャパン(大阪市中央区)が運営。アメリカ発祥のパーソナルトレーニングジムで、昨夏に国内1号店となる心斎橋店(同区西心斎橋)をオープンさせた。

 予約不要で、ウエアやシューズの無料貸し出しなど利便性を高めて通いやすくし、好きな時にトレーニングができることにこだわる。会社員など昼休憩や仕事帰りに20分間の運動だと思えば、ふらっと気軽に立ち寄れる。

 「その人の体、ニーズに合わせた業界のコンテンツが少ない」と話すのは、同社の椿本健太社長(35)。このジムでは、オーダーメードのプログラムと独自のトレーニングマシンで構成し、トレーナーが個々に応じたプログラムを立案する。

 トレーニングは、マシン主導型。AIを活用して筋力量と目標値に応じて導き、AIと連動したマシンの画面を見ながら適切な負荷を見極め、最大限高めた効率的なトレーニングができるという。

 料金も週2回コースが月額3万2千円(税別)で、パーソナルトレーニングとしては低い価格設定も特徴。コーチ1人に対してレッスン生2人の「パートナープラン」も設け、月額2万4千円(税別)の料金設定とともに、友人や家族と共有することでよりトレーニングに通い続ける動機が高まるようだ。

 椿本社長は「遠い存在だったパーソナルトレーニングをより身近なものにし、時間が無いなどハードルが高いと諦めるのは早い」と、直営、フランチャイズで5年100店舗の出店を掲げる。

 関西では、梅田店(同市北区)が今月26日、京都店が30日にオープンするほか、東京都内は6月に渋谷、新宿に出店予定だ。