トレンド特急便

「幸せを運ぶ吊り革」

合格祈願に恋愛成就、開運招福
2018年12月1日

近鉄、1日から運行

「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」のイメージ
「開運招福」の窓シールのイメージ

 近鉄は1日から、利用者に幸運を呼び込んでもらおうと、願いを込めたつり革「幸せを運ぶ、きんてつの吊(つ)り革」を設置した列車を、大阪府、奈良県、京都府の路線を中心に運行する。さまざまなタイプのつり革を用意し、利用客を迎える。来年3月14日まで。

 運行線区は難波線、奈良線、京都線、橿原線、天理線、生駒線、大阪線、南大阪線、吉野線、長野線。

 今年は、昨年設置した合格祈願、恋愛成就、金運招福の御利益に加えて、新たに「開運招福」を祈願する木製のクローバー形のつり革を設置する。「開運招福」は東寺の名称を記載し4本を設置。幸運を呼ぶと言われる四つ葉のクローバーにちなみ、福が訪れるようにと企画した。

 また、ダルマの装飾を施した「合格祈願吊り革」は、沿線の7社寺(安倍文殊院、金峯山寺吉野脳天大神、西大寺、信貴山朝護孫子寺、達磨寺、東寺、道明寺天満宮)の名称を記載した五角形の桜模様のつり革。77本を設置し、「ダブルラッキーセブン」として受験者にラッキーが訪れるようにと願いを込めた。

 「恋愛成就吊り革」は総本山長谷寺の名称を記載したハート形で3本を設置。「3」は割り切れない数字であることから、2人の関係が切れないよう、また恋愛が成就し、2人が二人三脚で歩いていけるようにと願う。

 さらに「金運招福吊り革」は信貴山朝護孫子寺の名称を記載した金色のもの。1本だけを設置し、千載一遇にちなみ、千両以上ある車両の中で、たった1両しかないつり革をつかんで、チャンスを手にしてほしいとしている。

 ホームで待っている間につり革の設置場所が分かるように目印として設置車両の窓にシールを貼る。台紙付き記念入場券と、合格祈願のストラップも販売する。

 問い合わせは電話050(3536)3957、近鉄電車テレフォンセンター。