連載・特集

亀井澄夫の妖怪不思議千一夜


八尾市福万寺町

 八尾市福万寺町にある三十八(みとや)神社付近に南北朝時代、文和年間(1352〜55)の頃、福万寺城というお城ができた。近江源氏の流れをくむ佐々木家の城であった。
2018年1月22日

東大阪市菱江

 大阪の妖怪話は、それほどバラエティーに富んでいるわけではない。狐(キツネ)、狸(タヌキ)、天狗(てんぐ)など代表的なものが多く、河童(カッパ)もそのうちのひとつだ。大阪の場合、ガ...
2017年12月18日

大阪市城東区鴨野

 今回は鴨野の異常な働き者の兄弟の話。その兄弟はとにかく朝から晩まで一生懸命働いた。お金をためるのが唯一の楽しみで、まったく遊びなんてものはせず女にも興味なし。着る物も肌にやさしい...
2017年12月4日

大阪市平野区

 今回は狐(キツネ)にまつわる昔話の定番のようなお話。酒屋の主人が知人の婚礼に呼ばれてほろ酔い気分での帰り道、手にはおみやげの折り詰めをさげ、ちどり足で歩いている。
2018年1月8日

池田市渋谷

 本来、噺(はなし)家は人情噺、怪談噺、芝居噺、音曲噺、滑稽噺などがしゃべれて、一人前の噺家と言われた。今では噺家と言いつつ、落語(滑稽噺)しかできない芸人も多い。特に大阪は滑稽噺...
2017年11月20日

八尾市

 八尾のある長者の家にお嫁さんが嫁いできた。夫の家族からは大事にしてもらっているが、7年たっても子供ができなかった。そんなある日、京都の伏見稲荷で狐(キツネ)の人形をもらうと子供が...
2017年11月6日

茨木市清水

 昔から猫とねずみは仲が悪いことになっている。たいていは、猫がねずみをいたぶったり噛(か)んだりするのだが「窮鼠(きゅうそ)猫を噛む」という場合もある。昔は、ねずみのいる家で猫の鳴...
2017年10月23日

南河内郡千早赤阪村

 千早村(現在の千早赤阪村南部)に、狭いながらも楽しいわが家を地でいくような4人家族があった。父と母、5歳と3歳の男の子。母親はめでたく3番目の子を出産したが、数日して苦しみだし、...
2017年10月9日

箕面市粟生間谷

 1850(嘉永3)年に出された青木鷺水(ろすい)著『御伽(おとぎ)百物語』から、摂津国勝尾の里(箕面市粟生間谷(あおまたに))での話。そこに忠五郎という男がいて、かわいい娘が生ま...
2017年9月25日