岡力の「のぞき見雑記帳」

株式会社キンキクレスコ

2017年4月17日

多くの野球人を支える老舗企業

関西野球界の聖地を営む武田隆之介さん

 今年もテレビの前で野球漬けの日々が始まる。わが愛(いと)しのオリックス…夏を越しても夢が持てるシーズンでありますように。

 関西には、球団をはじめ野球に関するメーカーが多く存在する。昭和41年創業、大阪府池田市に本社を構える「株式会社キンキクレスコ」は、スポーツマシンの総合メーカーである。業務は、マシンの製造販売からバッティングセンターの施工まで多岐にわたる。

 長きにわたり地域の少年野球からプロ野球まで幅広い層の野球人を陰で支える。本社の1階では、最新鋭の製品が並ぶ直営の「池田バッティングセンター」を開業している。バーチャルバッティングマシンでは有名プロ野球選手との対戦が可能。日本最速の大谷翔平投手より速い170キロも体感できる。

 野球だけでなく、北京オリンピック金メダリスト上野由岐子投手とのソフトボール対決や、自身がピッチャーとして練習できるストラックアウトもある。特番でおなじみ、芸能人とプロ野球選手がリアル野球盤で対決するあの番組にも商品を提供している。

 営業部の武田隆之介さんにお話を伺った。「意外かもしれませんが池田市に本社を置き、全国のバッティングセンターに商品を卸しています。バーチャルバッティングマシンでの選手映像は、実際に商品用として撮影させて頂いたものです。手元操作で速度と球種が選べますのでよりリアルに体感できます。ぜひ、直営店にいらしてください」。

 店内には、同社にゆかりのあるプロ野球選手が使用していたバット、ユニホーム、ヘルメットなどがズラリ陳列。かつて関西にあった電鉄系球団のお宝も多く郷土の野球史が学べる。タイミングが良ければ現役選手もお店に立ち寄るという。

 球春到来−。本格的に練習をしたい方から家族連れまで、これからの季節におススメしたい施設である。

(コラムニスト)
 ■池田バッティングセンター(直営店)
大阪府池田市城南3丁目3番12号、電話072(753)3300、阪急池田駅より徒歩10分、営業時間は午前9時〜午後9時半