岡力の「のぞき見雑記帳」

高校野球大好き芸人 かみじょうたけしさん

2017年8月7日

高校野球発祥の地・豊中市 応援団長に任命

任命式の様子。かみじょうたけしさん(左)と浅利敬一郎市長

 ユニホーム姿の芸能人が集まり高校野球にまつわる情報を発表する。この時期になると放送される人気バラエティー番組の一幕である。その中でひときわ、異彩を放つ一人の男性がいる。松竹芸能に所属する、かみじょうたけしさんは兵庫県淡路島の出身。現在、多くの舞台やテレビ番組に出演する「高校野球大好き芸人」である。2011年には「甲子園(笑)伝説!」(文芸社)を出版。心底球児を慈しみ独自の視点から切り取った「高校野球」を面白く啓発している。

 先月18日には豊中市より「高校野球発祥の地・豊中市 応援団長」に任命される。市の財務部職員や地元メディアが立ち会いのもと行われた任命式では、浅利敬一郎市長から特製のタスキ、ユニホーム、そして記念品が贈られた。その後、規約が記された入団届けにサインを書き「豊中市の魅力発信に貢献していきます」と宣言した。ちなみに地元にある履正社高校出身の山田哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)は、親善大使を務めている。

 大正4年に豊中グラウンドで初めて開催された高校野球。同市では、100回大会を目前に控えた今年4月に「高校野球発祥の地記念公園」をリニューアルオープンした。

 気になる記念品の中身は、平成29、30年度限定のふるさと納税返礼品として作られた記念ボールと記念切手、地元銘菓「白球もなか」、さらに発祥の地が住所として明記された名刺だった。「(切手を手にしながら…)日本文理高校で活躍した切手孝太選手と違いますよ」と得意の知識を絡めたコメントにドッと沸く会場。

 「こんな名誉な事ないですよ。普段、舞台で人を笑わせたり、ふざけたりしていますが今後は考えないとあきませんね(笑)。全身全霊で高校野球発祥の地である豊中市をPRします。全国の甲子園を目指した球児たちは記念公園に足を運んでほしい」と熱く語るかみじょうさん。第99回全国高等学校野球選手権大会が開幕。プライドを懸けた戦いが、プレーボール−。

(コラムニスト)