岡力の「のぞき見雑記帳」

冬の郷土料理「小田巻」作りに挑戦

2018年1月15日

1品で2度楽しめる!

想定外に手間暇かかって完成した「小田巻」

 以前、情報番組にコメンテーターとして出演した時の話。「大阪の郷土料理は?」と聞かれ、有識者をアピールし「オダマキ」と答え周囲をひんやりさせた黒歴史がある。

 「大阪ことば辞典」によると「小田巻」は「おだ巻蒸しの略でうどん入りの茶碗蒸し」。「うどんに蒲鉾(かまぼこ)、椎茸(シイタケ)、ゆり根、銀杏(ギンナン)、小えび、あなごまたはうなぎの一片などを加えて、玉子とじにしたもので、主に冬の食品」と記されている。

 器に入るうどんが糸を巻き取る「苧環(おだまき)」に似ている事から当て字で命名されたと言われている。発祥は不明だが、長崎の卓袱(しっぽく)料理が大阪に伝わった説もある。

 歴史は古く、江戸時代後期の戯作者「平亭銀鶏」が大阪に滞在し庶民の暮らしを図解で解説した滑稽本「街能噂(ちまたのうわさ)」にも登場する。大阪市内の街灯に「おだ巻むし代三十八文」と描かれており、当時は常食として愛されていたことがうかがえる。しかし現在では、若年層を中心に全く認知されておらず、郷土料理界の絶滅危惧種と言える。

 今回、年始の休みを利用して自分で作ることにした。まずは、スーパーで買い出し。文献に習い具材を購入する。品ぞろえできない事も想定し事前に書籍を購入するショッピングサイトで「ゆり根」と検索したところ大量に表示された…今更ながらネット社会って便利すぎる。

 続いて調理にかかる。さらに料理レシピサイトで「小田巻」と検索したところかなりの表示があった。「オダマキさんって意外と人気あるんやね…」と携帯片手に少し焼きもち。正月という事もあり盛大に大きなどんぶりを使用。だしと玉子で溶いた液を器に注ぎ豪快に具材を盛り付け蒸した。

 想定外に手間暇がかかったが何とか完成。デコレーションケーキのような小田巻を独り占めしながらレンゲですすって食べた。その味は、年末年始の暴飲暴食で荒れた胃に最適の逸品であった。

(コラムニスト)
 ■出典
 『大阪ことば辞典』牧村史陽【編】(昭和59年)講談社学術文庫▽『街能噂』(4巻・冬)平亭銀鶏【作・他】(天保6年)河内屋太助【他2名】