特集

大阪入試情報


大阪府公立高等学校一般入学者選抜の志願者数

2017年03月07日

 大阪府教育庁は6日、公立高校の2017年度一般選抜入試の出願を締め切った。全日制は募集人員4万2147人に対し、4万9396人が出願し、平均倍率は1・17倍(前年同期1・16倍)だった。


公立高校一般選抜志願者数中間集計

2017年03月03日

 大阪府教育庁は3日、公立高校の2017年度一般選抜入試の中間出願状況(同日午後4時現在)を発表した。全日制は募集人員4万2147人に対し、4万7768人が出願し、平均倍率は1・13倍(前年同期1・11倍)だった。


第3回進路希望調査

2017年02月16日

 大阪府公立中学校長会は16日、公立高校一般選抜入試の進路希望調査結果を発表した。全日制普通科(専門学科併置校は合算、総合選択制を含む)は募集人員2万7320人に対して3万1650人が希望し、平均倍率は1・16倍(前年度1・12倍)だった。


公立高特別選抜入試志願者数

2017年02月16日

 大阪府教育庁は15日、2017年度公立高校入試で実技や面接がある特別選抜の志願者数を発表した。募集人員2550人に対して3110人が出願し、平均競争率は1・22倍。前年度の1・43倍から0・21ポイント下がった。


高等学校生徒応募状況

2017年02月07日

 大阪私立中学校高校連合会は7日、2017年度私立高校入試の応募状況(6日正午現在)を発表した。2万3238人(92校)の外部募集に対し、専願と併願を合わせて計7万4750人が応募。平均倍率は3・22倍(前年3・33倍)となっている。


第2回進路希望調査

2017年01月23日

 大阪府公立中学校長会は23日、府内の中学3年生を対象にした第2回進路希望調査(13日現在)の結果を発表した。公立高の特別選抜入試の倍率は1・21倍で前年同期から0・14ポイント下がった。府内私立高の倍率は2・67倍で微減の半面、専願率は19・54%で微増だった。


私立中学校生徒応募状況

2017年01月12日

 大阪私立中学校高等学校連合会は12日、2017年度私立中学入試の出願状況(11日午後3時現在)を発表した。中等教育学校1校を除く63校の外部募集人員6758人に対して出願者は1万2747人。平均倍率は1・89倍だった。


府内私立中高新入生納付金を発表

2016年11月24日

 大阪私立中学校高等学校連合会は24日、2017年度の新入生納付金を発表した。高校95校の平均は前年度から6700円増え、80万7100円。中学63校の平均は1800円増加して83万3900円だった。


府教育庁が来春入試の募集人員発表

2016年11月18日

 大阪府教育庁は18日、2017年度府公立高校入試の募集人員を発表した。156校(全日制、多部制単位制I・II部、昼夜間単位制)で計4万4985人を募集。前年度から1185人減った。北淀と統合する西淀川は募集を停止。今回から英語の外部検定の活用が始まる。


募集枠を発表 府内私立高校・中学入試

2016年11月16日

 大阪私立中学校高等学校連合会は15日、府内の私立高校(全日制)と中学、中等教育学校の2017年度の募集人員と入試日程を発表した。

 高校は95校が計2万9948人(前年度比126人増)を募集する。このうち外部募集するのは92校2万3173人(同429人増)。試験は2月10日に行う。



サイト内検索