特集

大阪入試情報


私立高等学校生徒募集(2次)

2018年3月16日
 大阪私立中学校高等学校連合会は16日、2018年度入試で2次募集する府内の私立高(全日制)を発表した。96校のうち18校が、それぞれ若干名を募集する。試験は21〜26日。

公立高一般選抜希望調査

2018年3月7日
 大阪府教育庁は6日、2018年度公立高入試の一般選抜の最終志願者数を発表した。全日制は募集人員3万9875人に対し、4万6696人が出願し、平均倍率は1・17倍(前年1・17倍)だった。

公立高一般選抜希望調査

2018年2月16日
 大阪府教育庁は15日、2018年度公立高校入試のうち実技や面接がある特別選抜の志願者数を発表した。

公立高一般選抜希望調査

2018年2月14日
 大阪府公立中学校長会は13日、公立高校一般選抜入試の進路希望調査(2日現在)の結果を発表した。

追加募集は64校 府内私立高入試

2018年2月8日
 大阪私立中学校高等学校連合会は8日、2018年度の私立高入試で、追加募集(1・5次)を実施する64校を発表した。

18年度私立高入試応募状況

2018年2月8日
 大阪私立中学校高等学校連合会は7日、2018年度私立高校入試の応募状況(6日正午現在)を発表した。2万3390人(93校)の外部募集に対し、専願と併願を合わせて計7万2276人が応募。平均倍率は3・09倍(前年同期3・22倍)だった。

大阪高校 第2回進路希望調査

2018年1月24日
 大阪府公立中学校長会は23日、2018年度高校入試に向け、中学3年を対象にした第2回進路希望調査(15日現在)の結果を発表した。公立(全日制)の倍率は1・17倍で、府内私立の倍率は2・55倍。同会によると、本年度の卒業生は大学入試の変更後、初めて受験する世代になるのを受け、対策をアピールしている私立の人気が高まったという。

2018年度大阪私立中学校入試 出願状況

2018年1月12日
 大阪私立中学校高等学校連合会は11日、2018年度私立中学入試の出願状況(10日午後3時現在)を発表した。中等教育学校1校を除く61校のうち、各校の入試初日の外部募集人員6620人に対し、1万2856人が応募。平均倍率は1・94倍(前年同期1・89倍)だった。

私立中高18年度新入生納付金

2017年11月25日
 大阪私立中学校高等学校連合会は24日、2018年度の新入生納付金を発表した。高校96校の平均は、前年度から3200円増の81万300円。中学61校の平均は3300円増加して83万7200円だった。

18年度大阪府公立高入試概要

2017年11月18日
 大阪府教育庁は17日、2018年度府公立高校入試の募集人員を発表した。155校(全日制、多部制単位制I・II部、昼夜間単位制)で計4万3190人(前年度比1795人減)を募集。普通科と最難関の文理学科を併設していた8校は、文理学科の募集のみに一本化する。

生徒募集状況 府内私立高校・中学入試

2017年11月11日
 大阪私立中学校高等学校連合会は10日、府内の私立高校(全日制)と中学、中等教育学校の2018年度の募集人員と入試日程を発表した。高校は女子校1校が新設され、96校が計3万71人(前年度比123人増)を募集する。