2017年11月5日

第5回大山講座

25日、米子 刀剣テーマに

 伯耆国「大山開山1300年祭」に向けた「第5回大山講座」を開きます。大山山麓には、国宝の太刀「童子切安綱」の作者で伯耆国出身とされる平安時代の刀工・安綱の伝説が残されています。専門家による刀剣をテーマにした講演会を開きます。参加無料。

 ◆日時 11月25日(土)午後1時半

 ◆会場 日本海新聞西部本社ホール(米子市両三柳)

 ◆演題 「研師が語る大山と刀剣」

 ◆講師 森井偲訓氏(日本刀文化振興協会理事・刀剣研師)=写真

 ◆定員 先着100人。定員になり次第締め切ります

 ◆申し込み 氏名、住所、電話番号、年齢を明記したはがき、ファクスか電話で〒683―8520(住所不要)日本海新聞西部本社事業課内「大山講座」係、ファクス0859(34)8817へ。参加票を郵送します

 ◆問い合わせ 電話0859(34)8813、日本海新聞西部本社事業課

 主催 新日本海新聞社、伯耆国「大山開山1300年祭」実行委員会

 共催 鳥取県社会福祉協議会