2018年7月7日

麒麟EXHIBITIONS

-因幡但馬に息づく麒麟の謎-

22日から 鳥取

 中国の想像上の動物で、泰平の世の象徴とされる麒麟(きりん)にスポットを当てた「麒麟EXHIBITIONS-因幡但馬に息づく麒麟の謎-」を鳥取市で開きます。日光東照宮の麒麟をはじめ、因幡、但馬で伝承されている麒麟獅子など200体以上を展示。さまざまな角度から麒麟のルーツや魅力に迫ります。

 ◆会期 7月22日(日)~8月26日(日)午前9時~午後5時

 ◆会場 鳥取県立博物館第2特別展示室(鳥取市東町2丁目)

 ◆前売り券 一般500円(当日700円)、学生300円(同500円)※小学生以下無料

 ◆プレイガイド 麒麟展実行委員会事務局(シセイ堂デザイン内)、日本海新聞各本社・但馬支社、鳥取県立博物館ミュージアムショップ、とりぎん文化会館、鳥取大丸、トスク本店、鳥取市内の今井書店など

 ◆問い合わせ 電話0857(22)1122、麒麟展実行委員会

 主催 麒麟展実行委員会(鳥取・日光400年プロジェクト、新日本海新聞社など)