放哉を書く
尾崎 放哉(おさき・ほうさい=本名・秀雄)1885〜1926
 鳥取市の旧士族の家に生まれる。鳥取一中から一高に進み帝大法科卒。保険業界で10年ほど働くが、体調を崩し退職。妻・馨との別居などもあり、京都の修養団体・一燈園に入る。だが、長く続かず、俳句仲間の井上一二を頼って小豆島へ。約8カ月後の1926年4月7日死去。

 俳句は一高時代に荻原井泉水と出会ったのがきっかけで、作品作りに没頭。俳誌ホトトギスにも掲載されている。生涯の師となった井泉水の指導で自由律俳句で頭角を表し注目された。研ぎ澄まされた言葉が、現代人の共感を得ている。

自由律俳句の先駆者
尾崎放哉の句を「書」に

 鳥取市出身の自由律俳人・尾崎放哉の句を書にする第11回全国公募書道展「放哉を書く」の作品を募集しています。受賞作品を10月、鳥取市内で展示し、書を通して放哉句の魅力を発信します。


■部門・出品料 一般の部=3,500円●高校の部=1,000円●色紙の部=1,000円

■募集期間 2018年7月27日(金)まで ※必着

■応募方法 郵送か持参。出品料の振り込みは指定の「郵便振替払込受付」票を使用し、応募票にコピーを添付して作品に同封する。応募先、応募書類一式の請求(140円切手を同封)は、〒680―8688 日本海新聞「放哉を書く」事務局

■審査会 2018年8月4日(土)

■審査員 石飛博光氏(日本詩文書作家協会長)、田宮文平氏(書評論家)、柴山抱海氏(独立書人団評議員)他7人

■作品展示 2018年10月24日(水)〜28日(日)、とりぎん文化会館など

■表彰式 2018年10月27日(土)、とりぎん文化会館・フリースペース※予定
昨年の大賞と会場の様子
第10回放哉大賞
一般の部
中野志抱さん
(鳥取市)
第10回放哉大賞
高校の部
阿部杏香さん
(八頭)
第10回書道展で書道パフォーマンスを披露する
鳥取城北高校の書道部員
■「放哉を書く」事務局
〒680−8688 鳥取県鳥取市富安2丁目137 日本海新聞事業課内
090(3635)2843 放哉の会事務局・岡村
■主催 放哉の会、新日本海新聞社
 
 
トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み
当サイトの著作権について
本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)