【開 催 要 項】
【開催期間】

平成29年9月9日(土)〜11月3日(金・祝)
開会式…9月9日(土)午前8時30分〜
コカ・コーラ野球場(布勢野球場)
決勝戦…11月3日(金・祝) コカ・コーラ野球場
※雨天順延=11月4日(土) 美保球場 

【会  場】  コカ・コーラ野球場、美保球場、若葉台球場、倉田スポーツ広場ほか
【監督会議・組み合わせ抽選会】

日時:8月25日(金)午後6時30分(受付は午後6時から)
会場:新日本海新聞社本社(鳥取市富安2丁目137)5階ホール
※試合組み合わせの抽選は、監督会議の受付時に行います。(先着順)
※監督会議・組み合わせ抽選会にはチーム代表者(責任者、監督、コーチ等)
の出席をお願いします。

【参加資格】

(1)鳥取県東部地区に在住の小学生
(2)チーム編成は小学校区、スポーツ少年団など自由
(3)部門は1部(6年生以下)、2部(5年生以下)
(4)登録は責任者、監督、選手20人以内
※プレー上の選手の怪我については、いかなる場合も主催者は責任を負わない。出場チーム(選手)はスポーツ傷害保険に加入のこと。

【参 加 料】 1チーム3,000円(税込)
【表  彰】

▽優勝チームに優勝旗(1部、2部とも持ちまわり)、メダル、表彰状
▽準優勝チームに準優勝盾、メダル、表彰状


 【大 会 規 則】

(1)2017公認野球規則、全日本軟式野球連盟取り決め事項を適用する。
(2)試合は5回戦とする。点差によるコールドゲームは3回10点差、4回以降7点差とする
   (一部、二部ともに適用する)。
   決勝戦は一部のみ7回戦とし、コールドは5回7点で両チーム同点の時は8回以降
   タイブレークを適用する。タイブレークは勝敗が決するまで行う。
(3)試合時間は1時間15分とし、新しいイニングに入らない。(決勝戦は適用しない)
(4)時間内に5回を終わって両チーム同点の時は、6回タイブレーク(無死満塁)を適用
   する。
タイブレークでも勝敗が決しない場合は抽選を行う。
(5)大会出場選手の二重登録は禁止する。
(6)円滑な大会運営を行うため、大会規則と試合日程監督会議での取り決め事項を
   遵守する。
(7)各チームの個別の事情(学校行事も含む)による試合日程の変更は認めない。
   ただし、各チームの初戦(1試合目)に限っては、学校行事の日程が重なった場合
   のみ、試合日程の変更が認める措置を取る。その場合、監督会議中に申し出て、
   対戦チームの同意が得られた場合のみ認める。監督会議終了後、日程変更の申し出
   は一切受け付けない。
(8)開会式には全チームが参加すること。不参加のチームは試合の出場を認めない。
   ただし、やむを得ない事情(学校行事と重なったなど)の場合に限り、開会式の不
   参加を認める。その場合開会式前日までに大会事務局に届け出ること。届出がない
   時は、不参加扱いとする。
(9)大会規則に反する行為があった場合は、失格とする場合がある。

【注意事項】
(1)金属製スパイクは禁止する。野球用具は公認マーク(JSBB)入りを使用する。
(2)ヘルメットは打者、次打者、走者、コーチャー、ボールボーイとも着用する。
(3)捕手はレガース、プロテクター、ヘルメットを着用すること。
(4)プレー上の選手の怪我については、いかなる場合も主催者は責任を負わない。
   出場チーム(選手)はスポーツ傷害保険に加入のこと。


 【開会式でのプラカードについて】

今年もプラカード賞を設けます。

 開会式(9月9日 コカ・コーラ野球場)での選手入場で使用するプラカードは、各
チームに準備(作成)していただきますようお願いします。
優秀作品(3点)には協賛社のトスク様より「プラカード賞」(記念品)が贈呈されます。
*過去に「プラカード賞」を受賞された作品は、審査の対象外とさせていただきます。
*事務局ではプラカードを準備いたしませんので、開会式当日忘れずにご持参ください。

◎プラカードの作成にあたっての注意
 ・チーム名を必ず明記してください。
 ・プラカードには必ず持ち手を付けてください。
 ・大きさ・重さは、選手が持って歩きますので、大き過ぎない・重過ぎない物でお願いします。
 ・壊れやすい・部品が落ちやすいなど耐久性の無い物はご遠慮ください。
・ 鋭利な物・持っていて怪我をしやすい物もご遠慮ください。


募集は締め切りました




【協賛】JA鳥取いなばグループ(JA鳥取いなば、トスク株式会社、株式会社わかば、JAいなば燃料センター)
 【主催】新日本海新聞社 【主管】東部軟式野球連盟

トップページ 速報・地域ニュース主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について
 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)