第23回大伴家持大賞入賞作品 

テーマ「音」

短歌部門・一般 短歌部門・児童生徒

【短歌部門・一般の部】

◇大賞
音たちが金色銀色うねる夜野外ライヴの飛び魚になる 堤 朱子(愛知県名古屋市)

◇準大賞
耳の中に鳴り出す電池の尽きる音「もうすぐ世界が遠のきますよ」 生田 延子(鳥取県西伯郡南部町)

◇入選
雨降りの廊下はなぜに長いのか音楽室へ二度目の追試 伊藤 敦(岐阜県各務原市)
赤ちゃんの出す音ぷうぺえぴいがっぽー赤ちゃん笑うつられて笑う 川口 映子(鳥取県鳥取市)
ほろ酔いの尺八の音は外れいて「もとい」とおどけし父の忌が来る 田中 和子(鳥取県鳥取市)

◇佳作
心音をエコーで聞いた水曜日君は現在二十五センチ 西川 佑子(鳥取県東伯郡湯梨浜町)
瑞風をもてなすおどり地曳網終りて集落は音なき夜に入る 中嶋 正躬(鳥取県鳥取市)
海の音を聞いて育つや大西瓜食べ時きけど今とは言わぬ 柚木 啓子(広島県広島市)
遠山に雷移る音をいぶかしみ種籾浸す桶を洗へり 森元 輝彦(山口県周南市)
冬の暮岬の灯台はや灯りフレネルレンズ音なく回る 小山 美保子(島根県出雲市)
あの屋根にこの屋根に影うごきいて槌打つ音が里にひびかう 本間 温子(鳥取県東伯郡三朝町)
卒業の歌も終わった廃校の音楽室はすごく静かで 阿部 圭吾(千葉県市川市)
跳ねてまたクレヨンの音たしかめて鞄の児らは初夏の径ゆく 和田 康(奈良県奈良市)
お揃いの根付の鈴の音たちが花火の土手へ向かう夕暮れ  篠 孝司(大阪府大阪市)
空豆を叩き実を出す音聞こえ百六歳のわれも手伝いに立つ 谷尾 トミ子(鳥取県西伯郡大山町)

短歌部門・一般 短歌部門・児童生徒
 
主催 鳥取市
共催 新日本海新聞社,万葉集朗唱の会実行委員会,(公財)鳥取市文化財団 因幡万葉歴史館
後援 鳥取県、鳥取県教育委員会、全国万葉協会、日本海テレビ、NHK鳥取放送局、BSS山陰放送、TSK山陰中央テレビ、日本海ケーブルネットワーク、山陰万葉を歩く会

 日本海新聞トップページへ