2017年12月29日

2018年 年間企画・新連載

 日本海新聞は2018年、労働について考える年間企画をスタートします。少子高齢化が進展した平成時代は、生産年齢人口も減少を続けました。誰にも関わりの深い労働環境の実情に、鳥取県の現場から迫ります。県ゆかりの人物を主人公にした大河ドラマの実現を目指す寄稿や、激動の平成の出来事をたどる企画も掲載します。ご期待ください。

 労働力の確保が切実な社会問題となっています。次代を担う若者のふるさとへの定着や、仕事と私生活のバランスを取るための労務環境づくりも課題です。問題解決の処方箋がどこにあるのか、年間を通して考えます。第1部は「人手不足」をテーマに1月3日にスタートします。
 「鳥取県を舞台に!歴史大河ドラマを推進する会」は、外交官として活躍した岩美町出身の沢田節蔵・廉三兄弟、廉三の妻で戦後孤児を養育した美喜の3人を主人公にした「三愛のクニへ」を候補作に選び、テレビ局にドラマ制作を働き掛けています。候補作を提案した元高校教師片山長生さん(76)=同町=がドラマの狙いや3人の生きざまを紹介します。文化面で週1回掲載。

平成をあるく

 一つの時代が幕を下ろします。「国の内外、天地に平和が達成される」という元号の意味とは裏腹に、波乱に満ちた歳月でした。相次ぐ大災害、政治・経済の混迷、急激な科学やITの進展…。数々の出来事をたどり、未来への道筋を探ります。随時掲載。

学びの解体新書

 文部科学事務次官を務めた前川喜平さんが、教育行政や教育現場が抱える諸問題について自由につづります。教育行政の転換点に立ち会い、現在は自由夜間中学や学習支援活動のボランティアとして活動している立場から、当事者主体の学びについて考えます。くらし面で随時掲載。

象徴のうた 平成という時代

 平成時代の天皇・皇后の歌を中心に、皇族の歌1首をメインに紹介しながら、歌にあらわれた心の姿や平成の出来事を記していきます。筆者は歌人で、細胞生物学者としても知られる永田和宏氏。文化面で週1回掲載。
 毎週日曜日の子ども向け紙面「みみちゃんプレス」の第1、3日曜付が別刷り印刷となって本紙に折り込まれるスタイルに変わります。これまで以上に手に取りやすく、保存もしやすくなります。