2017年10月1日 17:26

ゴルフ畑岡V2、樋口以来 日本女子OP最終日

 女子ゴルファー日本一を決める日本女子オープン選手権は1日、千葉県の我孫子GC(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位で出た18歳の畑岡奈紗が通算20アンダーの268と伸ばし、アマチュアとして初めて制した昨年に続き大会2連覇を果たした。連続優勝は1968年から4連覇、76年から2連覇した樋口久子以来40年ぶり2人目の快挙。

 畑岡は8バーディー、1ボギーの65をマークする圧巻のプレーで2位に8打差をつけた。通算20アンダー、268ストロークはともに大会新記録。前週のミヤギテレビ杯ダンロップ女子から2週連続優勝で、ツアー通算3勝目。賞金2800万円を獲得した。