2017年10月3日 11:13

IOC、東京のコスト削減要望 聖火リレーは柔軟対応

 2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会の7回目の事務折衝が3日、東京都内で2日間の日程で始まった。冒頭、IOC調整委員会のコーツ委員長は大会経費について過去のデータを基に、改めて「夏季大会で10億ドル(約1130億円)、冬季大会で5億ドル(約565億円)を節約したい」と述べ、予備費を除いて1兆3850億円と見込む東京大会の開催経費のさらなる削減を求めた。

 IOCが「100日以内」と定める聖火リレー日数のルール緩和については、組織委の森喜朗会長はIOC側から「柔軟に受け止めるという回答をいただいた」と述べた。