2017年10月5日 21:35

西武の源田、新人でフルイニング 56年ぶりに達成

 西武の源田壮亮内野手が5日、メットライフドームで行われた今季最終戦の日本ハム25回戦にフル出場し、新人で開幕から全試合フルイニング出場を達成した。1950年の2リーグ分立後、61年の徳武定之(国鉄)以来、56年ぶり4人目。

 源田は大分商高から愛知学院大、社会人のトヨタ自動車を経てドラフト3位で入団。俊足と守備力を生かし、開幕から遊撃の定位置をつかんだ。