2017年10月12日 12:42

新燃岳噴煙2千メートルまで上昇 活動続く

 宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)は、約6年ぶりの噴火から一夜明けた12日も噴火が続いた。午前11時ごろには、灰白色の噴煙が火口から約2千メートルの高さまで上昇。周辺では噴火に伴う鳴動も聞こえた。麓に当たる宮崎県高原町の住民らは、降った灰の清掃活動に追われた。

 気象庁によると、降灰は風向きの影響で火口の東側に流れ、同日までに少なくとも宮崎県内の3市1町で観測された。熊本、鹿児島両県の一部でも灰が降る可能性があるという。

 宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害情報は入っていない。