2017年10月16日 19:16

徳島県に先進政策大賞 住民票移さず短期の転校可能に

 全国知事会は16日、都道府県の優れた政策を表彰するコンテストを東京都内で開き、大都市の生徒が住民票を移さずに短期間の転校を可能にする徳島県の事業「デュアルスクール」を先進政策大賞に選んだ。

 デュアルスクールは、徳島県内市町村と東京など都市部の教育委員会が合意した上で、住民票を移さず学校で教育を受けることができる仕組み。2016年度は、東京都在住の女性が県内のサテライトオフィスで働いた2週間程度の期間、その子どもが地元の小学校に通った。

 都市の子どもは豊かな自然の中でさまざまな体験ができ、地元も交流人口が増えてにぎわいが生まれるなど成果があるという。