2017年10月18日 21:07

列車内にICカード改札機 JR境線、利便性向上へ

 JR西日本米子支社は18日、鳥取県の米子市と境港市を結ぶ境線の列車内に、2019年春からICカード乗車券対応の改札機を設置すると発表した。ほとんどが無人駅の境線では現在、車内の運賃箱に運賃を入れたり、切符を運転士に渡したりして降車しており、よりスムーズに利用できるようにする。将来的にはほかの路線への拡大も視野に入れている。

 JR西日本が車載型のIC改札機を導入するのは初めて。約8億円をかけて独自に開発、設置する。同社のICOCA(イコカ)のほか、Suica(スイカ)など全国で相互利用可能な交通系ICカードが利用できる。