2017年10月19日 17:44

名古屋大、がん疑い見落とし死亡 CT検査報告書の確認遅く

 名古屋大病院は19日、男性患者に大腸がんの疑いがあると指摘したコンピューター断層撮影(CT)検査の報告書を、担当医が約7カ月にわたり確認しなかったため、診断と治療が遅れ、男性が死亡したと発表した。

 病院によると、男性は2014年1月、全身の倦怠感を訴えて自宅近くの医療機関を受診。高度の貧血が見られたため、名古屋大病院に救急搬送され、胸腹部のCT検査を実施した。

 CT画像を見た放射線科の医師が「大腸がんの疑いがある」とする画像診断報告書を作成したが、担当医は報告書を読まなかった。症状が治まったため改善したと判断、男性は退院した。