2017年10月23日 13:03

台風21号、死者5人 関東横断、各地で大雨

 超大型の台風21号は23日未明、静岡県の御前崎市付近に上陸し、関東を横断して東北の東の海上へ抜けた。各地では大雨や強風が続き、大阪では水没した車の中から女性の遺体が新たに見つかるなど、これまでに確認された死者は5人となった。気象庁は、今後も土砂災害や河川の氾濫などに警戒するよう呼び掛けている。夜までに北海道の東で温帯低気圧に変わるとみられる。

 台風21号は、22日に本州の太平洋側へ接近。各地で大雨が長時間続いた。23日未明までの72時間雨量は紀伊半島で800ミリを超え、山梨県富士河口湖町で377・5ミリなど、関東甲信や東海でも300ミリ以上になった。