2017年11月6日 20:17

森友、加計学園問題の追及を確認 立憲民主党、調査チーム準備会合

 立憲民主党は6日、森友、加計学園問題の調査チームの準備会合を国会内で開いた。座長に就任する予定の逢坂誠二政調会長代理は「今日を再スタートに特別国会で再度追及し、この問題を解明する」と述べ、安倍晋三首相に説明責任を果たすよう求めていく考えを強調した。

 会合には新人議員らも出席。逢坂氏は「前国会で野党は相当厳しく追及してきたが、問題は一向に明らかになっていない」と、これまでの国会論戦の経過を説明。「行政の私物化と民主主義の根幹を揺るがす情報の隠蔽や破棄が問題だ」と指摘した。