2017年11月7日 17:12

篠沢教授との別れを惜しむ 竹下さん「優しさは太陽のよう」

 テレビ番組「クイズダービー」の解答者として活躍し、10月に84歳で死去した学習院大名誉教授(フランス文学)の篠沢秀夫さんの葬儀・告別式が7日、東京都文京区の護国寺で営まれた。白と青の花々で飾られた祭壇には、多くの人に愛された朗らかな笑顔の遺影が飾られ、教え子ら約350人が別れを惜しんだ。

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)で闘病していた篠沢さんと親交のあった山中伸弥・京都大教授も参列。弔辞で「分野は違っても先生は学者のお手本で、憧れの存在だった」と悼んだ。

 「クイズダービー」で共演した女優の竹下景子さんは「優しさは太陽のように温かかった」と語った。