2017年11月9日 14:55

カトパン「断捨離できない」 今年中に消したいものは…

 「カトパン」の愛称で知られるフリーアナウンサーの加藤綾子が、東京都内で行われた液体歯磨き「ガム・デンタルリンス」のキャンペーン発表会に登場。長年、フジテレビの看板アナを務め、しっかり者のイメージがある加藤が、意外な一面を披露した。

 発表会では、加藤が、小まめな歯磨き習慣や、定期的なスポーツジム通いでおなかがしまってきたエピソードを披露。10月には短編ドラマで主演するなど、昨年フリーになった後も、公私ともに充実した日々をうかがわせた。

 そんな加藤だが、悩みも。歯周病菌を殺菌する商品にちなみ、今年中にきれいに消し去りたいことを問われると断捨離に踏み切れないと明かす。

 古いパジャマを「着るかもしれない」と手放せないなど、捨てる捨てないを巡る優柔不断ぶりはかなりのもの。さらに、アナウンサーの同期との旅行で待ち合わせ時間を勘違いし、遅刻した過去も告白した。

 取材陣から魅力的な笑顔のこつを問われると、「笑うのが好きで、思い出し笑いとかよくします。怖いですよね?」。もっぱら進行役だった局アナ時代と比べ、自分のことを話す機会も増え、「変な感じはします」と加藤。しばらくは模索が続きそうだ。