2017年11月9日 19:07

野口聡一さん、50代で宇宙に 「元気よく行けると見せたい」

 国際宇宙ステーションに2019年終わりごろから約半年間、滞在することになった宇宙飛行士の野口聡一さん(52)が9日、東京都内で記者会見した。滞在中に55歳となり、日本人の宇宙飛行の最年長記録を更新する見通しで、「50代でも宇宙に元気よく行けるという姿を全国に見せたい」と意気込みを語った。

 ステーションには、米国企業が開発する新しい宇宙船か、現在のロシアのソユーズ宇宙船のいずれかで向かう。野口さんは「大きな転換点となる可能性がある。これまでの経験を生かし、どちらでも対応できるように訓練したい」と述べた。

 野口さんは05年に米のスペースシャトルで初飛行した。