2017年11月10日 10:52

千枚漬仕込み、京都の老舗が公開 作業は最盛期に

 老舗漬物店「大安」(京都市)は10日、冬の代表的な京漬物「千枚漬」の仕込み作業を同市伏見区の工房で報道陣に公開した。秋が深まるこの時季は、材料の野菜「聖護院かぶら」の甘味が増し、漬け込みは最盛期を迎える。

 皮をむいた富山産の丸いかぶら(直径約20センチ、重さ約2キロ)を法被姿の職人たちがかんなで薄くスライス。大きなたるに積み上げた。熟成させた後、北海道産昆布やだしと合わせて約1週間後に出荷する。

 今シーズンはかぶら約12万個分の千枚漬を販売する予定。