2017年11月10日 16:37

9月中間、成田空港は増収増益 民営化以降、過去最高

 成田国際空港会社(NAA)が10日発表した2017年9月中間連結決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比4・2%増の1131億円、純利益は64・4%増の239億円で、増収増益だった。中間決算としては、いずれも04年の民営化以降で過去最高。厚生年金基金の代行返上益133億円を特別利益に計上したため、純利益が大幅に増加した。

 NAAによると、アジアを中心とする外国人旅客数が引き続き増加。空港内店舗で、中国系旅客の1人当たりの平均購入価格が「爆買い」で話題になった15年度並みに回復したことが、営業収益を押し上げた。