2017年11月17日 22:14

暴行、貴ノ岩関は現状問題なし 医師確認、頭部骨折は疑い

 日本相撲協会の危機管理委員会は17日、横綱日馬富士関に暴行された幕内貴ノ岩関について、診断書を作成した福岡市内の医師に確認した診断根拠を公表し、頭蓋底骨折はあくまで疑いで、貴ノ岩関の病状に現状は問題がないなどと書面で発表した。

 高野利雄外部理事(元名古屋高検検事長)が委員長を務める危機管理委の調査によると、協会に提出された診断書の「全治2週間」は、受傷した10月26日から11月8日までの期間で、九州場所前の9日時点では相撲を取ることに支障がないと医師が判断した。また病院側が重傷であるように報道されていることに驚いている、とした。