2018年2月4日 11:09

山口県知事選、投票始まる 現職と新人の争い

 任期満了に伴う山口県知事選は4日午前7時から、既に繰り上げ投票をした一部地域を除く県内830カ所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。

 立候補しているのは、元県教職員組合委員長の新人熊野譲氏(64)=共産、社民推薦=と、再選を目指す現職村岡嗣政氏(45)=自民、公明推薦=の無所属2人。村岡氏が県政を継続し産業力強化などに取り組むと訴えたのに対し、熊野氏は米軍岩国基地の機能強化や上関原発建設計画への反対を掲げた。

 県選挙管理委員会によると、午前10時現在の投票率は4・53%で、前回同時刻を2・11ポイント下回っている。