2018年2月8日 05:39

子ども兵300人超解放 南スーダンの武装勢力

 【ナイロビ共同】国連児童基金(ユニセフ)は7日、内戦状態が続く南スーダンで300人以上の子ども兵が武装勢力から解放されたと発表した。過去約3年で最大規模の解放で、ユニセフは「大勢の子ども兵を家族の元に帰す目標達成に向け、重要な一歩」と評価した。

 マシャール前第1副大統領が率いる反政府勢力や、既に停戦合意した武装勢力が解放に応じた。300人以上の子ども兵のうち87人が女子だった。

 ユニセフは「全員が強制的に徴兵されたわけではなく、他に選択肢がないため(自ら)武装勢力に加わった子もいる」と説明している。