2018年5月15日 21:30

新潟小2女児殺害、認める供述 逮捕の男、下校時連れ去り絞殺か

 新潟市西区の市立小針小2年大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄などの容疑で逮捕された会社員小林遼容疑者(23)が、新潟西署捜査本部の調べに殺害も認める供述をしていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 大桃さんの死因は窒息で、首に絞められたような痕があった。捜査本部は、下校中に連れ去り、首を絞めて殺害後、車で遺体を遺棄現場まで運んだとみており、殺人容疑でも取り調べる方針。

 小林容疑者は「車で女児にぶつかった」とも供述しているが、司法解剖で遺体に車による衝突の形跡はなかった。虚偽の説明の可能性もあり、捜査本部は慎重に裏付けを進めている。