2018年8月8日 20:34

竹下派、事実上の総裁選自主投票 衆院が首相、参院は石破氏

 9月の自民党総裁選を巡り、党内第3派閥の竹下派(55人)は8日、都内で幹部協議を開き、事実上の自主投票とする方針を決めた。衆院側(34人)は大勢が安倍晋三首相、参院側(21人)は石破茂元幹事長と、衆参で支持が分かれる状況を確認し、各議員の個別事情による投票も容認することで一致した。会長の竹下亘党総務会長は石破氏支持で派閥を一本化しようとしたが、衆院側の猛反発で断念した。

 首相は主要派閥の後押しを得ており、竹下派衆院側の大部分が加わることで国会議員票の優勢が強まりそうだ。石破氏は竹下派参院側の支持を得れば、石破派以外で初めてまとまった票を計算できる。