2018年8月14日 13:02

台風15号、九州に上陸へ 暴風や高波に警戒を

 台風15号は14日、日本の南の海上を北西方向に進んだ。同日夜から15日朝にかけて九州に接近し、上陸する見込みだ。気象庁は暴風や、うねりを伴う高波に加え、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けている。一方、東日本を中心に暖かく湿った空気が南から流れ込み大気の状態が不安定になり、14日午後には局地的な大雨になりそうだ。

 気象庁によると、台風15号は14日正午には潮岬の南約430キロの海上を時速約25キロで北西に進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。