2018年10月10日 15:29

ドイツ首相の難民政策に審判 地方選、与党大敗の可能性

 【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相率いる保守政権の牙城、南部バイエルン州で14日、州議会選が行われる。政府の寛容な難民政策の是非が最大争点で、同氏への事実上の審判となる。9日までに発表された世論調査では与党の支持率低下に歯止めがかからず、地元紙は歴史的大敗の可能性を指摘。党内からは早くもメルケル氏の責任を問う声が上がっている。

 ドイツメディアが発表した今月初旬の世論調査によると、難民流入が同州最大の問題と考える有権者が最も多く、保守与党キリスト教社会同盟(CSU)の支持率は33%と2013年の前回選挙の得票率より約15ポイント低下した。