2017年7月26日

おうちで薬膳 やわらか豚のクコの実ソース添え


血栓や心臓病予防に
高橋 育子

 豚肉は夏に消耗しやすい「気」や「血」を補い、クコの実やトマトなどの赤い食材は「血の巡り」を良くし、夏に多い血栓や心臓病などの予防に役立つと薬膳では考えられています。

 豚肉は余熱で火を通すと、ジューシーで柔らかくなります。クコの実は老化予防や疲れ目、近視、老眼などにも良いので、気になる方は毎日数粒をおやつ代わりに食べましょう。トマトやタマネギも、弱火でじっくり加熱すると、天然の甘味にビックリしますよ! トマトソースはたくさん作って、パスタやそうめん、ハンバーグなどに最適です。

 冷たい物がおいしい時期ですが、スイカやキュウリ、ゴーヤー、麦茶などの身体の熱を自然に冷ます食材を多く取り入れ、夏バテしらずの楽しい夏休みを過ごしましょう!

 (国際中医師・国際中医薬膳管理師)

材料 (約3~4人分)

(ゆで豚)

 豚ヒレ肉200グラム

 塩こうじ大さじ2

(ソース)

 完熟したトマト大4個

 タマネギ2分の1個

 ニンニク3かけ

 クコの実大さじ2

 オリーブ油大さじ1

 塩少々


作り方

(1)豚肉と塩こうじをポリ袋に入れ、3時間以上冷蔵庫で休ませ下味を付ける。
(2)鍋に水を沸騰させ、塩こうじを洗い流した(1)の豚肉を弱火で5分加熱し、ふたをして30分以上置き、余熱で肉の中心まで火を通す。
(3)ソースを作る。鍋にオリーブ油、みじん切りしたニンニクを入れ、弱火で香りがでるまで炒める。
(4)みじん切りしたタマネギと塩ひとつまみを(3)に加え入れ、弱火でゆっくりあめ色になるまで炒める。
(5)トマトはヘタをとり、皮ごとざく切りにする。トマトとクコの実を(4)に加え、塩ひとつまみを入れ、弱火で汁気がなくなるまで煮詰める。(2)の切り分けた豚肉に添えていただく。

 ※問い合わせはEメールアドレスkampoyakuzen@gmail.comへ。