2017年8月30日

おうちで薬膳 揚げナスの中華風(涼拌茄子)


旬のナスで血行改善
高橋 育子

 今年の夏は雨が多く、身体(からだ)の中もジメジメし、体調不良の方も多いのでは?

 この時期に旬を迎えるナスは、身体にたまりやすい不要な熱や水分を取り去り、血行を良くする働きがあると薬膳でいわれ、今の時期にピッタリな食材です。

 暑さが残る今の時期には作り置きし、冷蔵庫で少し冷やして、そうめんと一緒に。涼しくなる頃にはショウガや青シソ、ネギなどの香味野菜をたっぷり添えて、出来たてを温かくいただくと効果的です。

 旬の食材は、その時期の体調不良を改善する栄養価が高いので、薬膳で薬効をさらにパワーアップして、おいしくいただきましょう!

 (国際中医師・国際中医薬膳管理師)

<材料 (約2人分)>

・ナス2本
・揚げ油適量
・水菜適量
・ネギ、青シソ少々
・ミョウガ1本
・おろしショウガ少々
・糸唐辛子(飾り用)少々

(タレ)

・黒酢、酒各大さじ1
・しょうゆ大さじ2
・砂糖、はちみつ各大さじ2分の1
・豆板醤(トウバンジャン)小さじ2分の1
・刻んだ唐辛子少々

<作り方>

(1) ナスはヘタを取り縦半分に切る。火が通りやすいよう斜めに切れ込みを入れ、長さを3等分、幅を3~4等分の拍子状に切っておく。
(2) タレの材料を合わせて混ぜておく。
(3) 水菜は3センチ、青シソ・ミョウガは千切りに、ネギは小口切りにしておく。
(4) (1)のナスを180度に熱した油で、2~3分素揚げし油をよく切り、皿に盛る。
(5) (4)の上に(2)のタレをかけ、(3)の野菜を色よく盛りつけ、糸唐辛子も好みで添えていただく。

 問い合わせはEメールアドレスkampoyakuzen@gmail.comへ。