2017年10月25日

おうちで薬膳 鶏肉と長いもの韓国風煮


秋の味覚で疲労回復
高橋 育子

 中医学では、秋から冬のダイエットは失敗しやすいと言われています。秋から冬は「体を補う」季節。1年の間頑張った体に栄養を与え、冬の寒さに備える「元気」を蓄え、新年の活躍の基礎を作ります。

 特に、長芋は薬効に優れ、消化促進や慢性疲労、肌の乾燥、アンチエイジングなどにも期待できる優れた薬膳食材。体力や疲労回復には、煮たり蒸したりしてホクホクと、肌の乾燥やドライアイ、消化促進には生のまま、とろろや酢の物などにすると、より効能を生かします。

 ダイエットは春まで待って、自然の恵みに感謝しながら、秋の味覚を楽しみましょう!

 (国際中医師・国際中医薬膳管理師)

<材料 (約4人分)>


・鶏もも肉400グラム
・うずらの卵8個
・シイタケ4枚
・ニンジン2分の1本
・長芋8センチ

・ギンナンの水煮適量
・ごま油少量
A(
 *砂糖・みりん大さじ2分の1
 *酒大さじ2
 *しょうゆ大さじ1
 *オイスターソース大さじ2分の1


<作り方>

(1)シイタケは石づきを除き一口大に切る。鶏肉も一口大に切る。ニンジンは乱切りにする。 (2)うずらの卵はゆでて皮をむいておく。 (3)長芋は皮ごときれいに洗い、乱切りし、竹串が通るくらいまで別鍋でゆでる。 (4)鍋にごま油を熱し、鶏肉、ニンジン、シイタケの順に炒め、Aの調味料、なつめを加えて弱火でニンジンが柔らかくなるまで10分程度煮込み、(3)の長芋、ギンナン、うずらを入れ、照りがつくまで5分程度煮る。

 問い合わせはEメールアドレスkampoyakuzen@gmail.comへ。