« 2010年07月 | メイン | 2010年10月 »

2010年08月13日

あのころの夏

 大東亜戦争で祖父は高齢で徴兵を免れ、父は幼くて徴兵を免れました。昭和40年代、子どものころに夏になると2人が徴兵の話をしていたのを思い出します。少年飛行隊へ入りたかった父は祖父の許しを得ますが、当時の家長であった曽祖父が首を縦に振らなかったそうです。当時の父は飛行隊に行けなかったことにかばんを地面にたたきつけて悔しがったそうですが、今では曽祖父の判断で命を永らえたと振り返ります。そして、必ず幼い私に言いました。「お前の時代は戦争が起きて徴兵されることはないだろう。しかし、お前の息子の時代はわからないよ」
 その当時は重みが分からなかった「予言」ですが、最近、そのことをよく思い出します。戦後65回目の夏がやってきました。(理)