« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月30日

おせちに飽きたらカレーだね

全国究極のお取り寄せサイト『47CLUB』の運営を担当している私から、この冬大注目のプレミアム商品を紹介します。


以前TBS系列「ランキンの楽園」で、大食いクイーン・ギャル曽根ちゃんが選ぶ全国レトルトカレーランキングで栄えある第1位を獲得した「鬼太郎の好きなビーフカレー」です。県内の主な土産物店やスーパーマーケットでは常に品薄な状態ですが、このほどJA鳥取中央さんのご協力でようやく出品することができました。


kitaroucarry.JPG


とにかく、肉の量がすごい。鳥取和牛がこれでもかと入っているためボリューム満点。独自にブレンドされたカレー粉に野菜の旨みが凝縮され、子どもからお年寄りまで大人気を呼んでいます。

「おせちに飽きたらカレーだね」という訳ではないですが、これから品薄が予想されるプレミアム商品のため、お早めにお買い求めくださいね。(岳)


全国究極のお取り寄せサイト 47CLUBはこちらから
http://www.47club.jp/shop/g/g10009019/?intid=htl_rcnz_prefecture2

2009年12月29日

常套句

 暮れになると皆さんが「よいお年を」と声を掛けてくれます。実は、僕はそれが大の苦手というか、なんだかイヤなんです。何ででしょうね?
 最近よく聞く「安心・安全」と熟語でもなく、単語を二つ組み合わせたこの言葉が嫌いです。僕の口からは絶対に出てこない言葉です。皆さん、何の不思議も感じずスラスラ~と話していますが、違和感はないんでしょうか。もう、聞き飽きましたが、たぶん5年後くらいにはきれいさっぱり消滅している言葉なんでしょうね。
 常套句やこなれた表現に頼らない新聞記者でありたいものです。(や)

もう、お正月?

 今年は夏らしい夏が感じられなかったせいか、季節の移り変わりが早く感じます。ぼくは、11月ごろまで半そでのTシャツで外出していました。ここ最近まで、冬物じゃなくて3シーズン用のスーツを着てました。
 今日は12月29日。今年も残りわずかだというのに、お正月が近づいている気がしません。寒いといってもそれほどでもないし、大人ってこんなもんでしょうか。
 そういえば、年賀状を書いていません。去年は1月の3日か4日に急いで書いた覚えがあります。昔は、郵便受けにポトンと年賀状が落ちるのが楽しみだったのに、いまはおっくうで・・・。上司に失礼があってはならない!と、コンビニで私製はがきを買ったのは1週間前。ごめんなさい。まだ、書いてません!皆さん、正月早々気分を悪くしないで下さい。ちゃんと出しますんで、来年もかわいがって下さい。(や)

2009年12月28日

娘のクリスマスケーキ

 やっと年に一回のイベント!クリスマスが終わりました。皆さんはどんなクリスマスでしたか?我が家では、小学1年の娘とクリスマスケーキを作りました。事の始まりは、12月12日に地区の公民館でクリスマスケーキを作る企画があり、そこに参加したことが切っ掛けとなり、「クリスマスはケーキを作る~!!」と大はりきり!
エプロンをし、片手に電動ハンドミキサーを持ち、ボールの底をガリガリいわせながら、生クリームを混ぜていた娘。相当ケーキ作りが楽しかったようで、作り終わったら、「今、食べたい(^u^)」と言い出すし大変でした。将来は、ケーキ屋さんになるらしいです(●^o^●)
 手作り感たっぷりのクリスマスケーキになりました。(ゆ)
CIMG05245.JPG

2009年12月22日

宴会の代償

 昨夜は、雪のまだ解けきらない街をさまよってました。というのも、宴会の途中から記憶が断片的。記憶してるのは10%?もないくらいです。朝も昼も何も食べていなかったので酒の回りが超高速。一次会の3分の2は覚えてないです。
 朝、会社のみんなに効いてみたら、何も失礼はなかったようなんですが(ホントかな?)、手のひらに見覚えのない傷が・・・。路面に広がるシャーベット状の雪がぼくを散々もてあそんでいたようです。コケまくった記憶がよみがえってきました。でも、骨折しなくてよかった。頭も大丈夫みたいだし。
 この時期、飲みすぎと雪道にはくれぐれも注意を。

2009年12月21日

一風変わったイルミネーション

クリスマス時期になると、あちらこちらでクリスマスイルミネーションを見かけますね(●^o^●)
 最近は、だんだん増えてきて、住宅街も光り輝いて、可愛く♡きれいで、ホッとしますよね。鳥取市内に一風変わったイルミネーションがあるのはご存じですか?橋のランカンに、弁天様と来年の干支の寅?のイルミネーションがあるんです。周りの木もイルミネーション!これはクリスマスなのか、それとも正月飾りなのか?少し疑問を持っています。 しかも3~4年も前から毎年なんです。私の子供がまだ保育園に通っていた頃、毎年この時期になると、「電気が付いてる橋の所を通って帰ろう!」と言って毎日の帰宅コースになっていました。その子も、保育園を卒園し、なかなかその道を通ることがなくなりましたが、また、そのイルミネーションを今年も見に行こうと思っています!(^^)!(ゆ)

 

2009年12月18日

泥棒逮捕

 今年5月、わが家に泥棒が入りました。夜11時から早朝4時ごろにかけての犯行と推測されます。同じ集落で同時刻にほかにも2軒やられました。短時間に連続して犯行におよぶ鮮やかな手口はプロに違いないと確信していましたが、その通りでした。
 先日、警察から「東京でつかまった」という知らせがありました。愛媛県出身の流しで、なんと、どこで何を盗んだかを克明に記した「犯行メモ」を所持していたということです。そんな証拠になるようなものを持っていたとは、ずいぶんマヌケですが、実績を残したいという心情は理解できます。
 盗まれたのは、旅行を控えた妻が手提げバッグに入れておいたという数万円です。お金はどうでもいいですが、なぜわが家を狙い、どこから侵入し、暗闇の中でなぜバッグの置き場所が分かったのか、聞いてみたい気がします。
 田舎のわが家は昔から施錠の習慣はありませんでしたが、さすがにその後は鍵をかけるようにしています。「人を見たら泥棒と思え」とは、思いたくないですが、皆さん、ご注意を。(は)

2009年12月15日

温かいお料理レシピ教えて下さい(^u^)

 最近、暗くなるのが早くて時間が過ぎて行くのが早く感じます。家に帰ると、まず夕ご飯の準備が待っています。料理をするのは大好きなんですが、パターンが決まってしまって毎日、今日は何をしようかと頭を悩ませています。時間も無いし、でも、この時期温かい物が食べたいなんていろいろ頭を過るのですがアイデアが浮かんできません。毎日、お鍋というわけにもいかないですし…おいしくて温かい料理のアイデアないですか?私に教えて下さい。お願いします。(ゆ)

2009年12月14日

かまぼことデフレ

 お正月が近づくと、スーパーの店頭に並ぶ商品の値段がぐーんと跳ね上がりますね。あれ、なんででしょう。ハム、ブリ、かまぼこ…。
 かまぼこなんて、普段200円程度のものが400~500円ですよ。中身も量も一緒なんですけど。ちょこっと「壽」なんて焼印が押してありますけど。目を疑った記憶があります。でも、正月には必要なものばかりですもんね~。
 さて、年末に衝撃が走った「デフレ宣言」。定価販売の象徴、コンビニも交えて各業界とも、低価格商品に力を入れて競争しているようですが、今年もスーパーのあの激高商品は現れるんでしょうか。時代の流れに逆行できず、安売り路線に走るんでしょうか。
それにしてもお正月はお金が掛かりますね~。(や)

2009年12月11日

息切れ・・・

 ブログ書き続けてたら、ネタがなくなってきました。探してきます。(や)

2009年12月05日

協力って何…?

 今日の朝、地区の小学校の資源回収がありました。私にも小学生の子供がいるので、是非とも参加して、協力しなければと思い、朝7:30から始めました。家の外に出てみると、子ども会の役員さんと、10人程度の小学生と2人ほどの保護者のみ。地区には小学生が30人ほどいます。毎回出てくる子は決まっていて、情けなくなりました。重たい新聞や雑誌、自分の背丈より大きい段ボール。大きい袋に入ったアルミ缶。小学校1年生の子が束ねてある新聞を持ちながら、「重たい~<(`^´)>半分持って~」と言いながら運んでいました。昔は、地区が一丸となり、行事やボランティア活動に参加したものです。
 誰かがやってくれるだろうとか、役員さんがするべき!みたいな考えをする人が多くなっている、この世の中↓大人から根本的な考えを変えていかなければならないと思いました。誰かがやってくれるのではなく、みんなで協力すれば、小さな力も、大きな力に変えられる!という気持をもってほしいものです。
(ゆ)

2009年12月03日

我が家のクリスマス(=_=)

 今年も、早くもカレンダーが一枚になってしまいました。今月は、一年に一度の大イベント!クリスマスがやってきます。子どもたちは、待ち遠しいクリスマスなのですが…親にとっては、不景気で苦しいクリスマス↓どうやって安く、豪華にしようか?と悩んでいるのに、子どもたちは、「サンタさんにポケモンのゲームソフトをお願いする~!」とか「シルバニアファミリーのセットが欲しい~!(^^)!」など言いたい放題!無邪気なところは可愛いけれど…予算が…(゜o゜)我が家は破産寸前です。クリスマスまで節約生活で頑張ります。(ゆ)

2009年12月01日

四国での出来事

 日ごろ、JRの列車に乗っていると、いろいろ考えさせられることがあります。
 先日も、車いすを利用している方が、降車駅で頼んでいたはずの駅員がいなくて、周りの乗客に手伝ってもらって何とかホームに降り立ったという記事を見ました。しかも、駅員は車いすの利用者にうそをついて「号車番号を間違えた」と弁明したそうです。さらに上司には虚偽報告。さらにその上にもうその報告。なんていう会社でしょうか。これについてはあきれてコメントしようがありません。まだ、国鉄なんですね。
 山陰地方の特急や快速列車に乗った時、トイレに行って「あれ?」と思うことがあります。用を足して洗浄するには、青い輪に囲まれたフラットなセンサー部分に手をかざす方式が採用されています。すっきりしたデザインで、乗客には好評なのでしょうが、視覚障害者が使うときに、どこが洗浄ボタンなのか分かりません。出っ張りのある非常ボタンが近くにありますが、間違えて押してしまうこともあったのではないでしょうか。子どもやお年寄りにも分かりにくい構造だと思います。
 これも先ほどの虚偽報告の系列企業ですが、やはり国鉄体質。乗客のことを考えていながら、最新鋭の車両では、すべての人が快適に過ごせるはずが、この有り様です。開発にはいろいろな人が携わってきたはずなのに…。一人も異議を唱える人はいなかったみたいですね。
 これから、どんな風に改善されていくのか、じっくりと観察させてもらいます。(や)