« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月27日

あと3日で終了(ToT)/~~~

夏休みも あと3日!!
「子ども達の宿題も残り1週間でスパート!!」と片づけにかかたつもりだったのにも関わらず…
「あと何が残ってるん?」と聞くと…毎年の事で、「計算ドリルまだ出来てない~!!(ToT)/~~~」「漢字ドリルもまだ~!」と娘。
「漢字書き取りしてない(・_・;)」「自由研究が…(ToT)/~~~」と息子。
毎年の事ながら、私の怒りの素を作る我が子達。
昨日も、お昼休憩に家にTELをし「今、どこまで出来たん!?」と怒りを抑えながら聞くと、返ってきた言葉は、「今、計算ドリル18日の分をやってるトコ!」と娘の言葉。今度は息子に聞くと「今~…作文…」って…
娘の計算ドリルは、夏休みの半分、息子は作文ってなんなの(-_-)/~~~ピシー!ピシー!私の押さえていた怒りが爆発!!
娘は、まだ自由研究もかかってないし、ようやく息子は自由研究にかかったトコだし。
しかも息子にの自由研究は学校からテーマが決まっていて、「鳥取砂丘について」とのこと。
図書館から借りてきた本の中から抜粋し、ネットで検索!
息子が図書館から借りてきた本のタイトルが、「鳥取砂丘の生き物たち」…これまた抜粋しにくそうな内容!中学校1年生が理解できるのは、少しむずかし本!
結局、最後は親の仕事となった事は言うまでもないことで…
甘やかしてはいけないと思うのですが…やっぱり親バカなのでしょうか?
何とか来年はと毎年願っています。あと今日含めて2日、頑張ります(ToT)/~~~
(yu)


2011年08月08日

娘のプチ冒険

今、夏休みまっただ中!!
小学校3年生の娘は「今年の夏休みは、おじいちゃん家に列車で行く!」と言い始めました。
「もう、小学校3年生なんだから出来る!!」と意気込み、最初は、練習がてらおばあちゃんに切符の買い方から列車の乗り方を教わるため二人で乗って鳥取駅まで練習したのです。
その数日後、いよいよ本番!
朝の便に乗せる為鳥取駅へ…娘はハイテンション!!「大丈夫!一人で行ける(*^^)v」と意気込んでいたのですが…
心配な私はホームまで付いて上がり、列車に乗せ発車までの数分の事です。
急に不安になったのか、娘の顔が(・_・;)だんだん不安な顔に変化!!
最後には、さっきまでのルンルンの笑顔とは変わり泣きはじめてしまいました。
「大丈夫!駅にはおばあちゃんが迎えに来てるから^_^;」と言い聞かせ、いよいよ発車!
泣きじゃくる娘を見送りました。その後、義母に「どうでした?」とTELで聞くと…「駅について降りて来たとたん号泣(ToT)/~~~だったわ」との事。
その二日後に今度は列車で帰って来るとの事。
私の中に二日前娘の顔が…(私は30分前に駅にスタンバイ)
しかしそんな心配はなかったかのように笑顔で列車から降りてきた娘。
「怖くなかった?大丈夫だった?」と聞きまくる私に、「平気だったよ。楽しかった(*^^)v」と超笑顔…
二日前の不安はどこへ行ってしまったのやら…
私は不安でしょうがなかったのに…子どもってこうやって色んな経験をして大きくなるんでしょうね。
成長したことが嬉しい半面だんだん離れて行くことに少し寂しくなりました。
(yu)