« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月26日

隼駅にはやぶさ号を

27日発行の団塊の世代向け情報誌「楽団」の表紙撮影のため、若桜鉄道の隼駅に行ってきました。同駅では、地元住民が中心となって、寝台特急「はやぶさ」に使われた車両を持ってこよう、という運動が起こっています。駅にも募金箱が設置されていました。もし実現すれば、バイクの「隼」ライダーのライダーズハウスとして活用されることが期待されますし、鉄道マニアにとっても、「隼駅にはやぶさ号」があればこれほどうれしいことはありません。夢は膨らみます。実現へのハードルは高いと思いますが、ぜひとも応援したいと思います。(北)

DSC_00061.jpg
隼駅の切符販売窓口。今はもちろん無人駅。

2009年10月20日

モノレールのはなし

 すみません、すこしさぼっていました。復帰いたします。今日はモノレールの話を。鉄道ファンのカテゴリーかどうか少し?ですが。

 スーパーはくとは先頭車両の窓を大きくとって、前後方向の景色が客席からもよく見えるようにしています。中間の各車両にもその映像を流すモニターを設置して、鉄道ファンの心をくすぐってくれます。智頭急行の路線の中では単線の軌道上を130キロで走行しており、高架橋上の防音壁の無い区間では少し怖い感じがします(本当は怖いわけないのですが)。進行方向を見ていて怖くなったら、サイドウインドウから高架下を見てみてください。さらに恐怖感が増します。
 こういった恐怖感をもっと味わいたい人には大阪モノレールがお勧めです。必ず、先頭の一番前に乗って、立って前を見ていてください。まるで平均台のような細いレール上を、それより幅広い車両が約90キロの速度で駆け抜けているんです。地上20メーター程度の高さで、高所恐怖症の方は、乗っただけでやばいかも。さらに、左右のカーブに加えて、アップダウンもあり、まるでジェットコースター並みの恐怖です。この乗り物も安全ではありますが.....。思わず、両手を広げてバランスをとったりしないでくださいよ。(修)
バーチャルで体験したい人はこちらへ!!
http://www.youtube.com/watch?v=D4l-uUgcO4I&feature=channel
http://www.youtube.com/watch?v=HxZm1ZNEJ4A

2009年10月19日

「北近畿」「きのさき」平成23年に新型車両へ

 京阪神と兵庫県北部を結ぶ特急「北近畿」と「きのさき」が、平成23年春頃から新型車両に置き換えられていくそうです。先頭形状は「サンダーバード」などJR西日本の特急のデザインを踏襲しつつ、新たなデザインになるようです。「はまかぜ」の新型車両化も既に発表になっており、北近畿の特急も数年のうちに様変わりしそうです。

 「サンダーバード」には過去何度か乗りましたが、その静かな乗り心地に感動を覚えました。京阪神から北近畿への旅が快適になれば、「新型車両で城崎温泉に行こうか」という人が増え、但馬のブランド力がアップするかもしれません。

 問題は、城崎まで来る人をいかにして西へ誘致するか。「行きは新型きのさき、帰りはスーパーはくと」みたいな感じで、城崎から鳥取を回って帰る人が増えてくれれば良いのですが。(北)

20091002_kitakinki.gif
「きのさき」や「北近畿」に投入される予定の新型特急電車

2009年10月13日

駅そば

乗り換えの駅のホームで食べる駅そばは、汽車旅の大きな魅力の1つ。
個人的には、姫路駅や天王寺駅のそばが好きです。
木枯らしの吹くような冬の寒い日に、
湯気の出るようなアツアツのソバをかきこむのはいいですよね。
実は学生時代、滋賀県の米原駅で駅ソバを販売するバイトをほんのちょっとだけやっていました。
お客さんは短い待ち時間で食べるので、いかに素早く茹でるかが勝負でした。
結局課外活動が忙しくなりすぐに辞めてしまいましたが、今思えばもっと続けていたいバイトでした。

先日は米子駅で大山そばを食べました。
黒っぽい麺とつゆが独特で、いかにも出雲そばらしく、おいしかったです。
駅そばが似合う季節になりました。(北)

DSC_00051.jpg

2009年10月02日

急行賛歌☆

そういえば、子どものころは「急行」ってたくさん走ってましたよね。鳥取駅からも熊本や金沢や名古屋に行く直通急行列車がありました。懐かしいですね。今みたいに、きれいにすっきりとしたダイヤは何となく物足りません。主要駅で1、2時間優等列車待ちなんていうのもありました。全国でも急行列車は数えるほど。今のうちに乗っておかないと、なくなってしまう日も近づいているのかもしれませんね。(フ)

2009年10月01日

隠れキャラ登場!

正式メンバーではありません。隠れ鉄男の隠れキャラ「フ」です。「キ」でも「ハ」でも「ロ」でもありません。しかもここは鳥取なので「モ」でもないです。ところで客車のトイレの穴から線路が見えてたころが懐かしいですね~。あのころは、出入り口の手動ドアをおっぴろげのままビュンビュン走ってましたね。今じゃとても考えられませんわ。こんなの書いてたら、またああいう体験をしてみたい気持ちになっちゃいました。今度の連休(いつになるやら…)には、プチ旅行でもしてみますか。(フ)