« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月23日

本日の紙面点検3

4面。カンボジアで鉄道再開。同国では植民地時代から鉄道建設が行われましたが、ポルポト政権下に内戦などで鉄道が荒廃したそうです。記事にあるように、現在はアジア開発銀行の支援で復旧工事が進められています。将来的には、中国からベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポールに至る直通列車を走らせる構想があるとか。夢が広がります。

19面。山陰歴史館に鉄道ミニコーナー。伯備線の電化起工式で「架線」が配られたとか。個人的には架線に加えて碍子も欲しいところ。

同じく19面。後藤車両所31日に一般公開。小生はまだ一度も足を運んだことがなく、いずれ行ってみたいところです。

但馬版24面。明延鉱山(養父市大屋町)の一円電車復活。24日のイベントで、70㍍の常設軌道を走るそうです。この機会にぜひ。

25面。気高町日光で、コハクチョウとキハ47のコラボ。この季節、車窓からも白い鳥たちを確認できます。(北)

2010年10月21日

本日の紙面点検 2

今日も鉄道の話題が盛りだくさん。


3面。リニア中央新幹線が直線ルートで決着。
東京―大阪間が67分だそうです。駅の建設場所や費用など課題はまだ山積ですが、予定通り進めば東京―名古屋間は2027年、東京―大阪間は2045年に開通。生きているうちに、お目にかかれるかな…?


7面。九州新幹線「みずほ」朝夕に4往復。
「さくら」に比べて停車駅が少ない「みずほ」。たった4往復か、というのが正直な印象。
馴染みの深い寝台特急の名称を譲り受けた格好ですが、東北新幹線に持って行かれた「はやぶさ」のほうが本当は良かったな…。


26面。「北近畿」改め「こうのとり」号に。
これは賢明な判断。そもそも「北近畿」という呼称は列車以外で定着していません。但馬、丹波、丹後を総称してそう呼びたかったのでしょうが、あまりに広すぎます。じみーな愛称だったので、白い新車導入とあわせて名称が変わることは、大いに評価したいと思います。この際「きのさき」も「ジオパーク」号にしては。

別刷り山陰海岸ジオパーク世界認定記念特集4面。「スーパーはくと」車内にジオパークのポスター掲示。
智頭急行に乗って、全国から山陰海岸ジオパークを見に来てほしいですね!!(北)

20100405_kitakinki01.jpg
来春からこうのとり号として運行される287系電車

2010年10月19日

本日の紙面点検

今日はいつもと趣をかえ、「鉄探知機」による紙面点検。

21面。長野電鉄から若桜鉄道へ移籍した貨車が、乗客を乗せて構内を走り始めた模様。
今後の若桜鉄道の動向に目が離せません。

その下の倉吉線廃線トレッキングの記事。泰久寺のホームが短いのは知っていたが、「運転士泣かせ」と言われていたとは。周辺の勾配は知りませんが、下り坂の先に短いホームがあったらきついでしょういね。

16面「いなば余談」。ローカル線ブームの一方で、消えゆく線路や列車があるのは確か。せめて地元の若鉄はみんなで守っていきたいもの。フォーラム、面白そう。

18面。鳥取駅探検ツアー参加者募集。運転シミュレーターが気になります。

以上、鉄ネタ満載の日本海新聞を今後ともよろしくお願いします。(北)

2010年10月09日

新旧交代へカウントダウン

本業が多忙のため、長らく更新していませんでした。すいません。

更新もさることながら、久しく列車に乗っていません。鉄分補給がしたいです。

さて、報道のIデスクが先月19日に浜坂駅で公開されたキハ189系を見てこられたそうです。日本海新聞でも報じられましたが、私は行けませんでした。Iデスクが携帯電話で撮影した写真をアップします。提供ありがとうございました。実際には11月7日から運行されます。もうすぐですね。
P2010_0919_091751.JPG
http://www.nnn.co.jp/news/100919/20100919001.html

ところで(話は飛びますが)、余部鉄橋の通称「お立ち台」が11月から再び開放されるというニュースがありました。既に開放されているのでしょうか。今だけ、新橋りょうを渡る181系が撮れますね。
http://www.nnn.co.jp/news/100914/20100914008.html

181系で4時間かけて大阪に行こうと提案したら、妻に反対されました。確かに鳥取発は朝も早いけど…。あと一カ月。乗りに行きたいなあ…。(北)