« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月27日

117系シティライナー

 リニア・鉄道館に行ってきた(北)さんが展示車両の写真をたくさんアップしてくれました。なつかしい車両がありますね。181系はこの間まで山陰線を走っていましたし、381系は現役で伯備線を走っています。82系は涙が出るほどうれしい展示ですね。僕もぜひ行ってみたい。
 数ある展示車両中、117系は現役で活躍していますね。153系新快速からバトンタッチされ、新快速専用の車両として誕生。東海道、山陽線で活躍していました。この117系も新快速の運用からははずれ、各地で活躍しているようです。僕が最近出会った姿を少しご紹介しましょう。
岡山駅で見かけた「サンライナー」、堅田駅ですれ違った普通列車・塗装は新快速時代のまま。おまけは153系新快速です(修)
sunliner-okayama.JPG
kosei-line.JPG
153kyotox.JPG

2011年04月15日

リニア・鉄道館(2)

館内には、マニア垂涎ものの車両が盛りだくさん…。
その一部をかいつまんで紹介します。
きれいにしすぎて模型に見えますが、実車です。

0shokudou.jpg
懐かしい100系新幹線の食堂車です。今や新幹線の食堂車自体無くなってしまいましたが、まして100系は2階建てでした。小学校5年生の時、憧れの100系に乗り、ここでカレーライスを食べた記憶が蘇ってきました。まだ残っていたんですね。感動しました。


82.jpg
さすがJR東海。「ひだ」や「南紀」で使用された82系もありました。古くは「まつかぜ」で使用されていた80系の仲間です。


116.jpg
館外の展示コーナーには、117系が4両つないであります。「昔の新快速」。懐かしいですね。


116shanai.jpg
117系の車内はお弁当を食べるスペースとしても開放されています。さながら満員電車の様相。


1812.jpg
出ました。われらが181系。やはり国鉄色が美しい。山陰人にとってはヘッドマークが「しなの」では違和感があります。なんだか模型みたいでした。


dryerrow.jpg
幸せ運ぶ黄色い新幹線、初代ドクターイエロー。3歳の娘は最近まで「新幹線の電車さん」と絵本で見る度言い間違えていましたが、最近ようやく「新幹線のお医者さん」と言えるようになりました。


kyuugata.jpg
記憶の断片に残る旧型客車も、ここでは現役当時より美しい姿で蘇っています。(北)

リニア・鉄道館

重量があり迫力満点の蒸気機関車C62。日本の高度成長を支えてきた新幹線電車0系。
もはや夢ではなくなってきた、未来の乗り物・リニアモーターカー…。

戦前から戦後、未来の鉄道までを一堂に展示する「リニア鉄道館」。
中央リニア新幹線の建設に向かおうとするJR東海が威信をかけ、
今年3月にオープンさせました。

ちなみに前回の写真は、名古屋駅から同館までを結ぶ「あおなみ線」。
もともと貨物線だったところに旅客列車を走らせた路線です。

リニア・鉄道館は思ったほど混雑しておらず、スムーズに見て回ることができました。
main.jpg
入館すると、まずはシンボル展示が目を引きます。暗い館内に3つの車体が浮かび上がる仕組み。
C62、300X、リニアです。それぞれ、時代時代の最高速度を記録した形式です。
順番にその速度を明記すると、129㌔、443㌔、581㌔だそうです。
どれも、すごいです。

zenkei3.jpg
車両展示は、こんな感じです。広い体育館のような場所に、新幹線と在来線車両が半々に展示されています。車両によっては中に入ることも可能。どの車両も展示に合わせてペンキを塗り直してあり、外観、内装ともピカピカです。上から見ると模型を見ているようです。

zenkei2.jpg

zenkei1.jpg

gaikan.jpg
建物の外観はこんな感じでした。

(北)

2011年04月14日

名古屋に行ってきました

震災による自粛ばかりでは経済が停滞するという論調が目立ち始めました。
私もそろそろ動かねばと思い、先週末に名古屋に行ってきました。
以前から予定していた家族旅行で、一度はキャンセルも考えましたが、
思い切って行くことにしました。

さて、下の写真を見て、私が名古屋のどこに行ったか分かりますか??(北)
aonami.jpg