« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »

2011年05月15日

157系

 前回、117系の写真をアップしましたが、それを見ていて、157系を思い出しました。僕の記憶にあるのは、昭和50年ごろに東京ー伊豆間(修善寺・伊豆急下田)で運用されていた特急「あまぎ」です。なんとなく153系や165系にそっくりでしたが、非貫通型の先頭車両に大きな電光愛称サイン版を誇らしげにつけた目のクリッとしたカワイイ車両です。調べてみると、1959年に日光線の(準急)「日光」を皮切りに、東海道線の東京-大阪間特急「ひびき」、上野-万座・鹿沢口間の特急「白根」などに運用されていました。153系をベースに151系(こだま)並みに装備を充実した車両となり、後に、クロ157というお召し車両も製造された珍しい系列の車両となりました。さらに、調べていくと、「あまぎ」は「踊り子」、「白根」は「草津」と改称され、185系の車両が投入されています。なんと、117系のコピーのような車両。117系はこんな風に型式・名前は変えたけど姿形は東海道、上越にも生き残っていたのですね。(修)
185系のurlはこちら 157系 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Jnr_185_kusatsu.jpghttp://www.google.co.jp/imglanding?imgurl=http://www.geocities.jp/tnk_ko/157K/m157/157K_19740914Ekn_s1024_I21t_Higasikanagawa_3025M.jpg&imgrefurl=http://www.geocities.jp/tnk_ko/157K/157k.html&h=710&w=1024&sz=104&tbnid=ENQYfbZTR6D4WM:&tbnh=104&tbnw=150&prev=/search%3Fq%3D157%25E7%25B3%25BB%26tbm%3Disch%26tbo%3Du&zoom=1&q=157%E7%B3%BB&usg=__l1frEABSK8bnK6NeqBFRrOiylOw%3D&sa=X&ei=4WLPTffEIYSqvQPSrryfCg&ved=0CDUQ9QEwAQ
157系あまぎ(交通博物館の下敷から)
amagi02-2.jpg