« 2012年10月 | メイン | 2013年04月 »

2013年01月12日

485系登場、181系再登場

 35年ほど前、高校時代に買った181系こだま型車両の先頭車など、どこに行ってしまったのかもうわかりませんが、中間車両のモハ181、モロ181など何両か手元に残っていました。そのうち、動力車(M車)が35年の時を経ても動くことが判り、ビックリ!なんと、普通に走るのです。そうなると、中間車両だけ走らせるのは絵になりません。いろいろ考えて485系の先頭車を2両買って、前後に連結するのがよいと思いクハ481を購入。とりあえず、4両編成で走らせることにしました。4両編成も、181系と485系の混血もありえないのですが(パンタグラフも直流と交直流で違う)、遠目に見ると判りませんのでまあ、大目に見てください。ボンネット型の485系特急電車がわが線区に登場です。これを実現するためには鳥取にいると少し時間がかかります。まず、カプラーをネットで購入して旧車の改造作業を行わなければなりません。旧車同士はアーノルドカプラーでよいのですが、新車は密連カプラーですので、新車と連結する一方を、密連カプラーに改造。こうして、ようやく35年前のNゲージ車両と平成の新型(モデルは古いが)との連結走行に成功です。カプラーも進化しているとは知りませんでした。ほかの車両もカプラー改造していこうと思っています。(修)
IMG_3177s.JPG

2013年01月05日

あけましておめでとうございます。

 本年も「うさみみ電鉄」よろしくお願い申し上げます。
 昨年の暮れに大阪に出かける機会があり、Sはくとを利用しました。先頭車の1番前の座席の番号が指定席券に印字されていました。前にも1度座ったことがあったのですが、HOT7020形でした。今回はHOT7000。仕事で乗車するので、あまり表面には出せませんが、内心うきうきです。カメラ映像が各車両に流されてはいるのでしょうが、ガラス2枚を通しただけで見える景色はやはり違います。朝一なので、眠って行こうとも思っていましたが、そうもいきません。これが、性(さが)というものでしょうか。
 写真は佐用駅で行き違いしたSいなば。左側ですれ違うのは少し違和感がありますが、姫新線とクロスしているのでこうなるのでしょう。もう1枚はSはくとの速度計。山陽線で130㎞に到達(揺れるのでなかなかうまく撮れません)。智頭線内では120kmまででした。日本海新聞は今年、創刊130年を迎えます。来年は131年。在来線の速度制限を超えて行きます。今後ともご支援をよろしくお願いします。(修)
sinaba-sayo.JPG

130㎞20121102.JPG