« 2013年09月 | メイン

2013年10月01日

ロシア・イルクーツク鉄道事情③ バイカル鉄道

翌日はイルクーツク駅からシベリア鉄道の新線と旧線を走る観光列車「バイカル号」に乗車してきました。

駅.jpg
まずはイルクーツク駅。シベリア鉄道の「ロシア号」が停車します。モスクワ行き、ウラジオストク行きなどが行き交う国際色豊かな駅でした。シベリアの玄関を思わせる堂々とした造りです。

バイカル鉄道①.jpg
駅のホームにディーゼルカーが滑り込んできました。バイカル湖まで8時間の旅が始まります。

バイカル鉄道②.jpg
列車はゆっくりと発車。市内を眺めながらウラジオ方面へ、シベリア鉄道の複線区間を走ります。

バイカル鉄道③.jpg
木材を積んだロシアらしい貨車も。戦後、新たに付け替えられたバイパス路線です。

バイカル鉄道④.jpg
次第に湿地が増えてきました。真冬は氷の世界でしょう。

バイカル鉄道⑤.jpg
車内はこんな感じ。大半が簡易なコンパートメントというか、テーブル付きクロスシートです。座席は韓国の地下鉄のように堅く、8時間も乗るとお尻が痛くなります。(北)