2017年2月17日

鳥取の魅力 東京で発信 伊勢丹新宿本店でフェア

 鳥取県と三越伊勢丹(東京都)との協業プロジェクト「IRO TORI DORI TOTTORI」が、東京都新宿区の伊勢丹新宿本店で始まった。開幕式では、とっとりふるさと大使で女優の瀧本美織さん=鳥取市出身=が「たくさんの人に鳥取の魅力を知ってほしい」とPRした。20日まで。

 三越伊勢丹は2015年に「this is japan」を掲げ、その一つとして他企業との協業プロジェクトを展開。同本店と自治体とが共同で企画するイベントは愛媛県に続いて2番目。

 プロジェクトは同本店の本館とメンズ館で実施されており、松葉ガニや鳥取県内の工場で作られたオニツカタイガーのスニーカー、バルコスのバッグなど、衣・食・住の9分野で約90種類の商品を販売している。

 15日にあった開幕式には、平井伸治知事、三越伊勢丹の鷹野正明常務、瀧本さんが出席。平井知事は「鳥取の食や民芸、工芸品などさまざまな商品をそろえた。多くの人に来店していただき、楽しんでほしい」とあいさつ。瀧本さんは「ぜひ、鳥取へ遊びに来てください」と呼び掛けた。(岡野耕次)